5、心斎橋筋北商店街の発足(江戸時代初期~後期)

西暦 年号/年 主な出来事
1672 寛文 12 新町橋(瓢箪橋)が架けられ、順慶町通りが急に賑わい始めました。
京の島原遊廓で有名な夕霧が新町に移住。(夕霧は、江戸の高尾、京の芳野と並び称す名妓)で連日、見物人が詰め掛け大賑わい。


順慶町から新町橋風景

『摂津名所図大成』 順慶町通りには年中夜店が並び「西に至れバ、新町の花街なれバ、夜更けまでも賑はしく、しばしも往来の間、断えなく」とその形相は、橋の上まで夜店が並び大賑わいでした。(順慶町通は、秀吉の頃の武将、筒井順慶に由来する)


順慶町の井戸の辻
  

新町橋~堺筋の順慶町通りに、いつ頃か年中夜店が並び始め、人々が集まり始めます。
1676 延宝 4 幕府から夜間営業が許可されると、順慶町通りを右左折し心斎橋筋へ、北は博労町の道半ば、南は安堂寺町迄を行き交う様になり、その後、心斎橋北詰→心斎橋→道頓堀の芝居興行への道筋が繁盛し始めました。「心斎橋筋北商店街が発足」(元禄時代の15年前)
(井原西鶴「俳諧手鑑」発刊)
『浪速の賑ひ』 この夜店については、「黄昏の頃より往来の左右に店を出し、種種の品を飾り、おもひおもひの標の行灯を照らす事万灯の如く」とある。
『摂津名所図大成』 「呉服・木綿屋、家具調度、嚢物(ふくろもの)あり、楊枝屋あり、婦女子の髪の飾具、或ハ世帯の荒道具、神棚宮屋のとなりにハ仏具屋あり、陶器、金物、打物、箕笠合羽、傘屋、下駄草履、煮物焼売の魚、鮓店、野菜、菓子、饅頭、餅、煎餅、板行店(浮世絵印刷店)、いふとも尽きぬ」と全ての物が良く揃っていて、これが、なにわの小売「商の原点」と理解されます。
1678 延宝 6 『芦分舟』付録に「しゅんさい橋筋ハ、南ハゑびすばし、北は、よどや橋一丁上」とあり、本来は御堂筋の一筋東の、南は道頓堀から心斎橋を経て土佐堀川に至る街路の名前で、戎橋~土佐堀通の突き当たる迄の2.5Kmの道名という事になります。
1679 7 『難波雀』(当時の情報ハンドブック)には、「船場心斎橋筋に香具屋、鋳物師、(たんす)金や、蒔絵、べに屋、古酒道ぐや、わん家具、三味線琴屋」の八軒の店が並び、心斎橋や戎橋には「出駕籠の居所」があり、人通りの多い所であった事を表しています。
大坂三郷、南・北・天満の人口は、28万7891人。
1680 8 7月 徳川綱吉が5代目将軍となる。
1682 天和 2 井原西鶴「好色一代男」発刊。
1684 4 竹本義太夫(34歳)が道頓堀に竹本座を創設。
1686 貞享 3 紀伊国屋文左衛門、紀州→江戸へ蜜柑を送る。
1687 4 1月 生類憐れみの令を出す。
5月 江戸の豪商、河村瑞賢(70歳)が頻繁に洪水する淀川の治水工事で安治川(長さ約2900m.幅90m=20日間)を完成。
『大坂町絵図』には土佐堀川の淀屋橋の一筋東に「志んさいはし筋」とあります。
1688 元禄 12月 柳沢吉保(30才)が側用人となる。
(元禄文化~1703) 幕藩体制が安定、大坂の商人達が力を持ち、町人文化が生まれ、
俳諧、浮世絵、人形浄瑠璃、歌舞伎、等が江戸へも繁栄する。
新町遊廓は、井原西鶴の「好色一代男」に、揚屋での太夫との遊興等が生き生きと描写されている。他に、松尾芭蕉菱川師宣俵屋宗達
近松門左衛門等が有名。
<江戸時代中期>
1691 元禄 4 大坂の富商住友が、別子銅山の採掘を始める。
1697 10 関東大地震。江戸の大火。
1698 11 堀江川を開削。
1700 13 「大坂 北組・南組・天満組 水帳町数家数数寄町」には、船場には138の町があった。
1702 15 12月 赤穂浪士仇討
1705 宝永 2 立売堀を開削。
1717 享保 2 大岡忠相が町奉行となる。(後の名奉行)
11月 松屋(現、大丸)心斎橋筋に進出。 
1734 14 高津入堀 開削。
1759 宝暦 9 『摂州大坂画図』には、土佐堀川の淀屋橋の一筋東に「心サイハシスヂ」とあります。
<江戸時代後期>
1782 天明 2 6月 大坂市中の橋上を地車を引いての通行を禁止される。
1787 7 5月 大坂にも「百姓一揆」や「打ちこわし」が起る。(江戸時代に3000件)
(後期の浮世絵師) 鈴木晴信、喜多川歌麿、東洲斎写楽、安堂広重(1797~1858)、葛飾北斎、
(後期の文化) 滝沢馬琴、十返舎一九、小林一茶、与謝野蕪村、良寛、
(後期の学者) 平賀源内、緒方洪庵、シーボルト、高野長英、伊能忠敬、間宮林蔵。
1798 寛政 10 「摂津名所図会」の「順慶町の夜市」には四季を問わず「夕暮れより万灯照らし、種々の品飾りて」と多くの店が、新町~堺筋まで、両側尺地もなく大規模な市が立っていて、当時のメインストリートの様子が良く解ります。


順慶町夜見世之図

長堀十丁目(現、佐野屋橋南詰)の「石屋浜」


長堀の石浜

石職人は石大工の親方で、石問屋(建築の棟梁)と切石屋(彫刻の親方)がある。巨大石は網をつけ、鳥居・山海の名石(摂津の御影石・播磨の立山石・泉州の和泉石・京都の白川石・紀伊の大崎石・近江の木戸石
等、諸国の名産を集め、駒大灯篭・手水鉢・石臼・仏像・石碑・道標・石橋・風炉等が売られた。
「長堀の材木浜」
長堀・堀江・道頓堀川の川岸に材木市場がありました。大阪近辺や土佐の国、日向の国等から運ばれる材は、一肩物(五寸角で長さ14尺)を基準に上荷船・茶船に積まれ、大きい物は筏に組まれ送られてきました。
沖中仕が丸筏を岸に近づけ、浜中仕は鳶口を引掛け陸揚げ、人夫が競売の商人が積み上がった材木を、問屋の立売人の競り市で落札。すると、問屋の手代が厚い帳面に値段を記入していました。一番目は土佐藩の「御材木」が慣例で、材木問屋に、木材一切の公用を勤める町奉行がいました。


長堀の材木浜
 

1805 文化 2 二宮尊徳の農村再興活動が始まる。
1811 8 上難波神社の境内で人形浄瑠璃の興行が始まる。~天保14年(1843) 
1821 文政 4 7月伊能忠敬の弟子達は初の「大日本全図」を幕府に献上。(忠敬は文政元年没)
1822 5 7月「天下の台所に陰り」西国地方から江戸への菜種油の直送を禁止し、旧来の大坂油問屋からの正規油送に復活させる。
1823 6 7月ドイツ人シーボルトがオランダ商館の医師として、長崎出島に着任。
1825 8 2月英国船が浦賀に入港。5月
文政の打払い令で、英船の交易を禁ず。
1826 9 大坂隋一の繁華街であった心斎橋筋は浪花の名所となり、大坂町人は勿論、諸外国の旅行者も買物を楽しんでいます。オランダ商館長に随伴して江戸に向かう途中、大坂を訪れたシーボルトは、偶然、端午の節句(5月5日)に出会い「町々も住民もすっかり祭の装いで、商店や小売店では商品や製品を見える様にうまく並べてある」その道を通り「心斎橋を渡って」います。
1828 11 8月シーボルト事件。 長崎奉行がドイツへの帰国荷に日本地図等の禁制品を発見、国外退去処分となる。
1830 天保 3月 伊勢お蔭参り大流行。
7月 京都大地震。
1832 3 3月 町奉行が安治川を川更井して、その土砂で天保山を完成。
1837 8 2月 大塩平八郎の乱。大坂東町奉行の平八郎は、金持家や商家を襲い、大飢饉を救おうと一揆を起こしたが失敗し自殺。
1838 9 緒方洪庵(29歳)が、医業、蘭学敵々斎塾を設立。
1844
  ~48
弘化~
嘉永元年
順慶町通から南下した心斎橋筋には、夜店が広がり始めます。
1847

48
弘化4~
嘉永元年
相継ぐ外国船(蘭英米仏)各地に来航。
1851 嘉永 4 12月 『浪華の賑ひ』の書に「近頃夜市はじまり」とあります。
1853 6 6月 米使、ペリー浦賀に来航。
12月 露軍艦、長崎に来航。
1854 7 1月 ペリー浦賀に再来。3月 日米和親条約により鎖国終焉。
7月 幕府が日の丸の幟を日本惣船印と定める。