心斎橋

上記の通り、昔の大坂は低湿地帯で、海に近く、あちこちに大小の池や沼が点在していました。家を建てるにも盛り土をしなければならず、川を掘広げ、その土を利用して整地としたのです。こうして堀広げた長堀川に架けた橋名を岡田新三(心斎)の功績を残し「心斎橋」と名づけたのです。

  • 堺筋辺りを掘削した池田屋次郎兵衛の名を採り「長堀次郎兵衛町」
  • 四ツ橋辺りを担当した伊丹屋平右衛門の名を採り「長堀平右衛門町」
  • 海の辺りまで担当した富田屋四郎兵衛の名を採り「富田屋橋」が残されています。

心斎橋は「町橋」で、住民の負担で架けられました。特に、橋際の「橋掛町」の住民は高額な負担金が必要となりました。
八百八橋の大坂の町は、舟が行き来すると、杭は擦り減り細くなり腐る。すると橋は換え架えねばならない。「杭により身上を潰す」そこから、「くいだおれ」の語源が生れたのです。
当初の橋は、それ程頑丈ではなく、丸太を組合せた上に板を敷いた、お粗末な橋でした。しかし、商売が盛んになると人通りが多く、橋はグレードアップしていく。修復や改造等も商人負担、橋は厳重に管理され、少しでも橋を破損する恐れのある荷車等は、重量がかかると、引いて渡る事を禁止し、橋の袂で荷解きして手で運んだというからおもしろい。私財を投入して作った「私橋」は、都合で修復や架替が出来ず、そのまま放置する橋もあり、川を渡るにも遠回りさせられました。
橋が架っている通りは、いつも人通りが多く、商売も盛んで、特に、南北に架る心斎橋は繁盛橋で、船場 → 難波 → 住吉 への満筋として賑わいました。