今も昔も町名になってない心斎橋?

  1. 江戸時代「木橋の心斎橋」は、当初から二重町名。南区史には、心斎橋の町名は、1655年(明暦元年)に町名が誕生した時に、 橋の真中から町名が別れ、東側が「長堀心斎町」西側は「長堀十丁目」となっています。この時の『大坂三郷町絵図』に初めて「心斎橋」と記名され、1657年(明暦3年)『新板大坂之図』にも「しゅんさいばし」と橋名が記入されています。
  2. 明治時代「鉄橋と石橋の心斎橋
    明治5年3月に町名が変更されると、東側は「末吉橋通3丁目」西側は「末吉橋通4丁目」と改称され、明治42年11月から石橋となります。
  3. 昭和8年5月20日 御堂筋に地下鉄が開通
    長堀川の底に地下鉄「心斎橋」の駅が出来ますが、北改札口に上ると「末吉橋通4丁目」となります。さて、地下は何m下からが 心斎橋なのでしょうか?
  4. 昭和39年11月「陸橋の心斎橋」
    昭和36年5月都心の真ん中に大駐車場が必要だと、長堀川は埋められ、地上と地下に長堀駐車場が出来ます。肝心の川がなくなった心斎橋は長堀通の陸橋となり、心斎橋の町名は「末吉橋通3丁目無番地」となりました。
  5. 平成8年11月「交差点の心斎橋」
    長堀通が再開発され、地下鉄心斎橋駅北改札口、クリスタ長堀地下街が出来たのですが、心斎橋は町名から外れ「南船場3丁目」となりました。
  6. 平成元年に中央区になった「心斎橋」
    有名な心斎橋の町名の為にドンドン一人歩きして、明治5年から出来た「心斎橋筋」の町名、昭和57年2月には「東心斎橋」「西心斎橋」の町名も出来てしまいですが、平成時代になっても肝心の心斎橋は「南船場3丁目」の町名のままとり残されてしまいます。
  7. 心斎橋がある街にも、心斎橋の名がナイ
    大阪市の市民局にお願いし、心斎橋がある街なのに、心斎橋の名がナイのはおかしいと、住居表示板の横に市費で (通称)「北心斎橋」のプレートを付け、地域地図にも掲載して頂きました。また、南郵便局の局長にお願いし、今後は「北心斎橋」でも郵送して頂く様にお願いしましたが、今日では郵便番号を記入しないと届きにくくなり不便を感じています。
地下鉄開通
心斎橋の陸橋
現在の心斎橋