新アーケードが完成

心斎橋筋北商店街に、平成25年12 月20日にお披露目
あれ! 長堀通のアーチに『心斎橋と太夫(おいらん)道中の影絵』どんな関係なの?

  1. 大阪城の外堀だった長堀川、そこに架かっていたのが「心斎橋」でした。しかし、
    今の長堀通には車が流れるモニュメントの「心斎橋」になってしまいました。
  2. 心斎橋は世界でも有名ですが、タクシーで心斎橋と云うと 「エッどこの心斎橋ですか?」と聞き返えされます。これはひどい、名前だけがドンドン一人歩きし、肝心の心斎橋がどこにあるか解らなくなってしまいました。
  3. なぜ心斎橋が忘れられるのか? 歴史文献を調べた上で、心斎橋筋北商店街の玄関にあるのが、390年余りを迎えた「心斎橋」だと確信しました。
  4. そこで、我々商店街では、全国でも珍しい『和風調の迎賓アーケード』を作り、国内外からのお客様に「おもてなし」をしようと決意したのです。

注)京都の島原、大坂の新町では「太夫(従5位・10万石の大名職同位)」と呼び、 江戸の吉原では「花魁(おいらん)」と呼んでいました。